出川哲郎が解雇されない理由は?マセキはマリエの問題を無視した?

みなさんこんにちは。

2022年5月9日の「しゃべくり007」に出川哲郎が出演します。それでガーシーのチャンネルでも取り上げられたマリエの問題について今どうなっているのか調べてみたくなりました。

  • マリエの問題とは?
  • 出川哲郎が解雇されない理由は?
  • マセキは問題を無視したのか?

これらを確認します。

目次

マリエの問題とは?

これはインスタライブで、2021年4月4日にマリエが、島田紳介から枕営業を持ちかけられて、その時まわりにいた出川哲郎や、やるせなすから、応じるようにと言われたという話をしたことです。

そして、今年に入ってから、ガーシー(東谷義和)が、「冗談で紳助さんが言ったら、マリエが本気で受け取った」といったことを話したのが、なぜか知らないけれどもこれは本当にあったことなのだ、という人が続出した、という話につながります。

これはマリエが18歳の時ということなので、15年近く前のことです。なので、実際にこういうことを紳助さんがいったかもしれません。

今のコンプライアンスだと絶対アウトなのですが、当時だったら特に何もなかったのではないでしょうか。

ただ、ガーシーは紳助さんを一番大事に思っている、というくらい尊敬しているので、紳助さんが苦境に陥るようなことを言うわけがないというのも事実です。

そのことから、ガーシーが本当にあったことだと言ったという解釈は違うのではないかと思っています。

出川哲郎が解雇されない理由は?

出川哲郎が事務所から解雇されることはあり得ないと思います!

まず、一番の問題は証拠がないという点です。マリエ以外の人物は、『紳助が枕営業を勧めた』という話をしていないです。

こういった話は日本だけではなくアメリカのテレビ業界でもけっこう耳にしますね。アメリカの場合は集団告発が基本です。

もちろん、最初は一人が告発するのですが、徐々に同調する人が増えてきて最終的に集団訴訟になります。しかし、今回の場合はマリエが1人で話題を出しているのでなかなか問題視されていません。

一人で告発する場合、大抵加害者と被害者に事情聴取すると、加害者が事実であると認めることが多くあります。

今回の場合、当時の現場で紳助が「枕営業」を話したところ、冗談で周りがウケてお笑い芸人である出川哲郎が話題にした可能性が高いです。

マリエがこの話を所属事務所にしたところ、「仕事が減るかもしれない」旨を告げられた、ということについても当然事務所は否定するでしょう。

また、この話をマリエがしたときに不利な証言も沢山出てきています。

  • マリエは酔っていた
  • 東谷義和は冗談の雰囲気だったと証言

当時、その現場でマリエが酔っ払っているように見えた事といわれていることや、現場にいた東谷義和氏も『あれは冗談のような話の流れだった』と証言しており、マリエに不利な証言が出ていました。

こうした証言からも、当時の何気ないやり取りの一部だけを切り取ったマリエの発言であるような印象が強い為、出川哲郎が事務所を解雇されるような事はあり得ないと思います。

これが2人きりでいるときに言われたという場合、もっと真実味が増してくるのですが、マリエの話は周りに芸人が数人いたということで、なかなかマリエに有利に証言は出てきそうにありません。

また、すでに紳助さんが引退していることや、周りにいた芸人が全員否定していることなどあって、今更どうにもならないのが現実的な話だと思います。

出川哲郎さんは周りの芸人や芸能人からとても好かれており、お茶の間受けもいいので、出川さんを干そうというメディアもないと考えられます。

マセキは問題を無視したのか?

出川さんの所属するマセキ芸能社は、マリエが一番最初に告発したときに、事情聴取を行っています。他にいた芸人にも、その所属事務所が事情聴取をしています。

どちらも全否定だったので、処分がなかったようです。現在ではコンプライアンスが厳しいので、芸人の冗談も注意する必要がありますね。

出川哲郎さんはマセキでもトップレベルの稼ぎ頭でもあるので、事務所としては守ることの方が大事だと思います。

個人的には紳助さんならいいそうなことだと思うので、実際にあったことだと思いますが、今更周りの芸人に罪をかぶせるのは無理だと感じます。

他国でも何十年前ものセクハラを告発することはありますが、その時周りにいた人を責めている人は個人的には知りません。

15年前に、紳助さんを否定するのはお笑い芸人には無理だし、コンプライアンスも全然今とは違うし、今言われても困るというのが本音でしょう。

この状況から見てみも周りを巻き込むのはちょっと無理があるし、出川哲郎さんのキャラクターを考えても、解雇されるようなことは無いと思いますね!

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次