ダイアン毒殺事件と犯人ロバートガーツの判決や現在は?【衝撃ファイル】

みなさんこんにちは。

2022年12月13日の「世界が騒然!本当にあった㊙衝撃ファイル」で、全米を震撼させた凶悪殺人事件が取り上げられます。

この記事では下記の内容を確認できます。

  • ダイアン毒殺殺人事件とは?
  • 犯人ロバートガーツの現在は?

ダイアン毒殺殺人事件についてどんな事件だったのか、犯人の現在はどうしているのかを調べてみました。

目次

ダイアン毒殺殺人事件とは?

  • 事件が起きた日にち:1992年9月2日
  • 場所:オハイオ州パルマ
  • ダイアン・ガーツが職場に現れない
  • ダイアンは42歳
  • 旦那のロバートは兄の手伝いで留守
  • ダイアンの身体から致死量の倍の青酸カリが発見される
  • ロバートはダイアンとの結婚が3回目の結婚

ロバートが犯人でしたが、再審を繰り返し、終身刑から懲役12年にまで判決が変わりました。多くの人が裁判の結果に不満を持っています。この事件について詳しく説明しましたので、興味のある方は読んでみて下さい。

ダイアンの死とロバートの逮捕

出典:https://www.findagrave.com/

ダイアンは銀行の支店長をしていて、その日は午後から仕事に出ることになっていました。

旦那のロバートはクリーブランドの近くで引っ越しをする兄の手伝いのため、葬儀会社の社員数人と共に自宅を離れていました。

ロバートは葬儀会社のディレクターをしており、ロバートとダイアンが住んでいた家は葬儀会社につながっていました。

しかし昼を過ぎてもダイアンは職場に現れませんでした。

銀行ではダイアンが今まで仕事に遅れてきたことがなかったことから、同僚が不審に思い、葬儀会社に電話しました。

そこで葬儀会社で働いていた人がダイアンとロバートの家を見に行きました。

家を訪ねても返事がありませんでしたが、ダイアンの車が外に止まっていることに気づいたため、彼は家の中に入りました。

その結果、ダイアンが風呂の中で死んでいるのを発見し、警察に連絡しました。

初めは、ダイアンの死は自然死と認定されていました。水の中にカミソリが浮いていたり、ヘアアイロンが用意されていたりしたため、突然死がやってきたと思われたためです。

しかし、解剖の結果、ダイアンの身体から致死量の倍の青酸カリが発見されました。また、胃の中に残っていた食物から、ダイアンは12時間以上前に死んでいたことがわかりました。

そのためロバートが出かける前に殺すこともできたことがわかりました。

この致死量の倍の量の青酸カリを摂取していたことがわかったことがまだ公になる前に、旦那のロバートは警察に「遺書が見つかった」と申し出て、自殺であることを示していました。

さらに、ダイアンはいろいろ悩んでいて、体重の増加や流産が重なったりしたので自殺だろうと訴えました。

しかし、ダイアンの友人や家族は彼女の自殺は信じられないと言いました。そして、ロバートはダイアンの遺体解剖にも反対していました。

そのため、警察はロバートが犯人ではないかと調査を始めました。

その結果、ロバートには愛人がいて、この愛人によると、彼女はロバートが結婚していることがわかってから別れたが、その後「妻が死んだ」と話していたこと、またダイアンが亡くなった日に連絡してきておかしな態度だったことを話しました。

さらに、ロバートはダイアンの生命保険(日本円約800万円)を狙っていたという疑いが浮かび上がり、警察はロバートを逮捕しました。

終身刑を受けるが再審になる

出典:https://thecinemaholic.com/

1993年、ロバートは終身刑の判決を受けました。

しかし、翌年彼の判決は覆され、再審の決定が降りました。

1995年に行われた再審で、彼は再び有罪になりましたが、2007年9月に再び判決が覆され、ロバートは釈放されました。その理由は、再審で検察官が話した言葉がロバートに不利になる言葉だったためということです。

翌年2008年にロバートが警察沙汰になると、ダイアンの殺人の裁判をもう一度するべきであるという意見が出て、彼は再び裁判を受けることになりました。その年、彼は4度目の結婚をしています。

彼は再審の前に釈放されましたが、その後すぐに4番目の妻をストーカーしていたことで逮捕されました。執行猶予中に違法となることをしたので、刑務所に再び入れられました。

2014年にロバートは自分の罪を認めて、懲役30年の判決が降りました。しかしロバートはその判決に不服を申し立てました。

2015年に3度目の裁判を避けるため、ロバートは意図しない殺人と保険金詐欺について有罪であることを認めました。懲役12年の刑が降り、今まで刑務所に入っていた期間16年を引かれ、その年のうちに釈放されました。

犯人ロバートガーツの現在は?

出典:https://thecinemaholic.com/

現在ロバートはなるべく人前に出ない生活を送っています。

インターネットでも全く活動をせず、どこにいて何をしているのか誰にもわからないように生活しているということです。

しかし彼はペンシルバニア州の葬儀会社で働いているという情報が出ています。近所の人がなぜ殺人犯人が別の州で資格を取り、また葬儀会社で働けるのかわからないと言っていました。

ロバートガーツの過去の妻たち

  • 1番目の妻:28歳で死去、毒を飲まされた疑いがある
  • 2番目の妻:ロバートに暴力を振るわれ離婚
  • 3番目の妻:この記事の殺された女性 毒を飲まされた
  • 4番目の妻:ロバートからコーヒーを飲まされた後、具合が悪くなった。またロバートから殺すと言われていたため長いこと隠れていた

1番目の妻のテリは、28歳で死んでいます。

この人は死ぬ前に病院に入っていましたが、遺体に赤い斑点が出ていたことから、毒で死んだのではないかとダイアンの事件の後噂になり、遺体を掘り返して解剖しています。

しかしすでに時間が過ぎており、毒は見つかりませんでした。

亡くなった時にテリの家族が解剖を主張したものの、ロバートが反対してできなかったということです。

2番目の妻は、ロバートが暴力を振るうと言って離婚しました。

4番目の妻のルースは、ロバートに殺すと言われたといい、身を隠していました。

そのため、そのことを聞いた警察がロバートを逮捕したのです。ルースはロバートに殺されると思い、長いこと警察にも居場所を明かしませんでした。

以上のことから、オハイオの裁判所は異常であるという意見がたくさん出ており、裁判官を罷免した方がいいのではないかという意見も出ています。

特にロバートが意図しない死を招いた罪で裁かれたことに「毒を飲ませたのになんで意図しない死なのか」という人が多く、検察官も責められています。

被害者の遺族は怒っており、裁判のシステムがおかしいと訴えています。

ロバートガーツは1953年生まれなので、現在69歳です。今後また何か起こるに違いないと思っている人が多く、いずれまた逮捕されるかもしれません。

まとめ

今回は「衝撃ファイル」で取り上げられる妻を毒殺したロバートガーツの事件について考察しました。

  • 3番目の妻に青酸カリを飲ませて殺した
  • 初めは終身刑だったのに、何度も裁判をやり直し、すでに釈放されている
  • 前の妻も殺した疑いがある
  • 4番目の妻ロバートに殺されると恐れて隠れていた
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次