玩愚庵こけしの絵付け体験やアクセス方法は?<マツコの知らない世界 2019>

玩愚庵こけし】とよばれています。 玩愚庵こけしは仙台で伝統的なコケシですが、最近は斬新なデザインのこけしを手掛けている事で注目を集めました。 伝統的な玩愚庵こけしのデザインと女性に人気の可愛いデザインはそれぞれどのようなデザインなのか? どこで購入できるのか?など色々調べてみました。

目次

玩愚庵こけしって??

玩愚庵こけしとは仙台の伝統工芸品で、鈴木明さんが玩愚庵こけし屋で作製しています。 もともとは、赤と黒の2種類で描かれる日本古来のデザインでした。胞吉型と呼ばれる仙台こけしが原型となり、今でも受け継がれています。 出典:http://www.city.sendai.jp/kankokikaku/akiukoge/koge/ganguan.html しかし、鈴木明さんが玩愚庵こけし屋を受け継ぐと、伝統的な玩愚庵こけしと斬新なデザインの玩愚庵こけしを生み出したと創意工夫を重ね、現在注目されている可愛い玩愚庵こけしが誕生しました!(^^)!

玩愚庵こけし屋&鈴木明さん

出典:http://sentabi.jp/tekutekuaoba/akiu/807 玩愚庵こけし屋は秋保工芸の里にある工房内の1つです。 玩愚庵こけしは伝統的なものから、最新のオリジナル作品まで取り揃えており、店主の鈴木明さんが作っています。 鈴木明さんは三代目で、祖父の代から玩愚庵こけしを作り続けているようです。 出典:http://tohoku-standard.jp/standard/miyagi/sendaikokeshi/ 正直、鈴木明さんの容姿からは玩愚庵こけしの職人とは思えませんねww ギャップがありすぎますw 鈴木明さんは【伝統工芸は同じことをやっていてはダメ! こんなものがこけしなの??】って言われるような周りが興味を引く玩愚庵こけし作りをめざしているようです。 実際の作る過程と説明がこちらになります!!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次