【何だコレミステリー】無料で家一軒いらないか。場所は神戸で現在の状況は?

みなさんこんにちは。

2022年3月30日の【何だコレミステリー】で、神戸にあったという都市伝説になっている無料の家をあげますという話を取り上げます。

そこで、これは一体どういう内容の話だったのか、詳しく調べてみることにしました。

  1. 神戸の無料の家というのは何なのか?
  2. 場所は神戸のどこなのか?
  3. 家を3日以上開けてはならないのは何故か
  4. 死ぬまで住んでくれる?
  5. 神戸の家の現在の状況
  6. 元になっている話があるらしい

これらについて確認します。

目次

神戸の無料の家というのは何なのか?

  • 神戸の無料の家の2009年時の状態は?
  • 契約条件
  • 家を提供する人の2009年時の話

神戸市北区の一軒家いらないか?

という投稿が、2009年2月4日に出たそうです。

神戸市北区の一軒家いらないか?
ただ三つ条件があって

  1. 必ず受け取る
  2. 三日以上家を空けない
  3. 死ぬまで住んでくれる

この3点守れる方なら土地ごと渡します。

これが初登場時の書き込みで、この後、スレ住民は「怖いよ」といったことを書き込んでいました。

神戸の無料の家の2009年時の状態は?

初登場した2009年2月4日の午後、物件について詳しい状態が書き込まれます。

【以下書き込み内容】

家は20年前にリフォームされてあるけど祖父母から頼まれてて、裏庭の林に井戸があるんだが、その井戸は一応ウチの祖父母のものだから触らないで欲しい (一応柵がある)。

とにかく死ぬまで住めて、旅行とかしない人ならすぐにでも渡せるから、本当に条件満たせる人だけ名乗り出てもらえればたすかります場所はあまり書くとばれるので、谷上から奥まったところです。

あ当然タダですが、地元のつながりが面倒なので、こちらの今後の連絡先は伏せたままになりますが、
ただという事ですいません駐車場はありませんが、庭が広い空き地なのでそこへという内容が書き込まれ、スレ住民は、「893かも」「家を3日開けないってなんなの」といった反応をしていました。

それから2012年になって、その家をもらった人の書き込みがあり、それによると綺麗な状態なのがわかります。

タダっていうから冗談だろうと思ってたら本当だった。さすがに広くて綺麗な上にタダっていうのは怖いので理由きいたら答えてくれなかった。

とにかくもらってくれとしか言われなかった自分としてはさっき書いた夜にくるものが原因なのかなと思ってるけど・・・

【書き込み内容終わり】

このように書き込みがあったようです。

契約条件

契約条件は、最初に提供者が書き込んでいます。

  • 必ず受け取る
  • 3日以上家を空けない
  • 死ぬまで住んでくれる

という3点でした。その後の書き込みを見ても、それ以外の条件はなく、その家にその後住んだ人の書き込みでは、なぜタダなのか?という質問をしたが答えはなかった、ということでした。

家を提供する人の2009年時の話

2009年に無料で家を提供する書き込みがあり、その後家について説明がありましたが、さらにこんな書き込みをしていました。

『事件とかないです。デメリットは山から夜に何か来るんですよ、もう怖いです、せつないです自分はもうすみたくないですね』

これで全てのようなので、なにか恐ろしい話のようにみえます。

場所は神戸のどこなのか?

この家の住所までは特定できませんでした。

神戸北区ということは、提供者が書き込んでいるのでわかりますが、さらに提供者が「山から夜に何か来る」、「怖い」、「せつない」、「井戸に触るな」と書いていることから場所が予想されていますが、どこなのか特定されていませんでした。

1914年4月5日になって、「神戸のタダであげます一軒家って」というスレが5chのニュー速VIPにたち、そこでスレ住民が具体的な場所を考えていて、現地と思われる場所に突撃する人もあらわれていました。

そのスレによると、2014年1月にあった書き込みがあります。

怖くていけませんが情報を少しだけと思って書き込みさせてください。

まず谷上ですが、古井戸のあるところは下谷上になります、上谷上で井戸が残っているところがわたしにはわかりません。つぎに稚児墓山は現在は、山田町坂本になります。

山田には、古井戸はかなりあります谷上の奥まったところ…で淡河(おうご)まで含めば、空き家はかなりあります。

昭和の50年代に住宅ローンが払えず一家心中した家があります。
(当時新聞や本にもなりました・読売新聞社から)

それが花山?にあるそうですが、古井戸はありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次