【舞いあがれ!】永作博美の関西弁と長崎弁を動画比較。役作りが凄いと話題!

2022年10月7日に朝ドラの『舞いあがれ!』に出演している永作博美さんの演技に注目が集まっています!

今回注目したのは、違和感のある関西弁と流暢な長崎弁!

あくまで出身地は長崎で、関西弁は後から慣れた言語だという設定が役作りに反映されており凄いと話題でした。

実際どんな感じなのか動画を確認してみましょう!

  • 『舞いあがれ!』のあらすじ
  • 永作博美の関西弁と長崎弁
  • 永作博美のプロフィール
  • 世間の反応

これらを紹介します!

目次

『舞いあがれ!』のあらすじ

ヒロイン・舞は、ものづくりの町・東大阪で町工場を営む父・浩太と母・めぐみ、そして兄・悠人との4人暮らし。

引っ込み思案だった舞ですが、自然豊かな長崎の五島列島にいる祖母・祥子の元を訪れ、五島列島の広い空に風を受けて力強く舞いあがる「ばらもんだこ 」にられます。

あんなふうに空高く飛びたい──空へのあこがれは、パイロットになる夢へとふくらんでいきます。

本物のパイロットになるべく努力を重ねる舞ですが、想像以上に厳しい道のりが待ち受けるのでした。東大阪で実感する「ものづくり」の喜びと、自然とともに生きる離島での暮らし。

2つの故郷である東大阪と五島、それぞれの土地に暮らすさまざまな人とのきずな を深めた舞は、やがて新しい形で空への夢を見つけていきます。

夢の飛行機作りに情熱を燃やす仲間たちとともに、舞の夢は、みんなの夢をのせた新しい翼となって大空へ飛び立ちます!!

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/about/

永作博美の関西弁と長崎弁

第1週目のストーリーでは東大阪が舞台で、方言も大阪弁で物語は進んでいました。

しかし、最初はこの大阪弁が『違和感がある』、『微妙』という意見が多かったのですが、岩倉舞(浅田芭路)と母の岩倉めぐみ(永作博美)が地元長崎に戻ると、永作博美が完璧な長崎弁を披露しました。

このギャップに視聴者は驚き!

『大阪はあくまで引っ越してきた第2の故郷』
『大阪弁の違和感が演出で凄い』

など驚きの声が多数出てきました!

いったいどんな演出だったのか2つの動画を聞き比べてみましょう!

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1578167743416832003
https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1577508881768583169

確かに長崎弁の方がしっくりきてますね。このように、東大阪はあくまで生活の中で慣れていった言語で、長崎が生まれて育ってきた方言であることが良く分かります!

ここまでこだわるのかと驚いている人も多く今後のドラマの展開も期待が高まりますね!

世間の反応

永作博美さん、方言の使い分けが見事だなぁ。 関西弁と長崎弁 関東のご出身なのにすごい。 高畑淳子さんは本当に五島の方に見える安定感が素晴らしい。 舞ちゃん頑張れー!

永作さんの五島弁は地元の人が聞いてもほぼネイティブらしい。 で、大阪弁は地元の人が聞くと若干違和感があるらしい。 出身地と居住地の方言の上手さも差を付けて芝居しているのであれば、永作博美さんは天才と言うしかないだろ。

当たり前にふつうに観てたけど、五島の言葉も大阪弁もネイティブでない永作博美さんが、相手によって方言の話し分けナチュラル にしてるのすっごいよね!?

ひとりだけ五島弁と関西弁を使い分けてる永作博美さんは茨城出身なのか。台詞の文字的な方言だけじゃなくイントネーションまで。すごい。

方言に対するツイートのが凄いですね。

朝ドラを見てる人は『舞いあがれ!』は永作博美の方言使い分けが本当に凄く、面白い、楽しみといったコメントも多数あります。

あまり意識していなかった人は、『舞いあがれ!』永作博美の方言の使い分けも楽しんでみてください!

関連記事

『舞いあがれ』の関連記事はコチラ↓

https://hi1987.net/2022/10/03/araifuyu/araifuyu-35252

https://hi1987.net/2022/08/30/maiagare_syudaika/maiagare_syudaika-32802

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次