重信房子の夫は2人?奥平剛士とパレスチナ人の経歴や現在は?

みなさんこんにちは。

2022年9月20日の「ザ!仰天ニュース」で、ダッカ日航ハイジャック事件が取り上げられます。

事件の中心人物だったと言われる重信房子は結婚していたのか、夫の現在について調べてみました。

  1. 重信房子の夫は2人いたのか
  2. 重信房子の夫の奥平剛士の関係
  3. 奥平剛士の経歴や現在について
  4. 重信房子とパレスチナ人との関係
  5. パレスチナ人の経歴や現在について

これらを確認します。

目次

重信房子の夫は2人?

重信房子と結婚していた記録があるのは、日本人の奥平剛士一人。しかし、偽装結婚だったという噂もある。

子供(重信メイ)の父親であるパレスチナ人とは結婚していない為、重信房子の夫は一応ひとりということになります。

それでは、彼らがどんな人たちだったのか、現在はどうしているのかを見ていきたいと思います。

重信房子の夫:奥平剛士とは?

奥平剛士は日本赤軍派の中心幹部でした。重信房子が日本赤軍のリーダーだった事から、グループ内での結婚だったと考えられます。

また、一説には重信房子さんと奥平剛士さんは偽装結婚だったとも言われているようです。

夫だったとされる奥平剛士さんとはどんな人物だったのか、経歴を確認していきます。

奥平剛士の経歴は?

名前:奥平剛士 (おくだいら つよし)
年齢:26歳で死去
生年月日:1945年7月21日
没年月日:1972年5月30日
出身地:山口県下関市
アラブ名:バーシム

奥平剛士さんは1945年に山口県下関市に生まれました!

【主な学歴】

  • 山口県立下関西高校入学
  • 岡山朝日高校に転校後、卒業
  • 京都大学工学部中退

奥平剛士さんは京都大学在学中に底辺問題研究会に入り、全共闘運動に参加。その後赤軍派(日本赤軍の前身)に入ります。

日本赤軍創設メンバーで重信房子と共に最高幹部でした。1

971年2月2日、同幹部だった重信房子と偽装結婚しました。

その後レバノンに出国し、別々のアパートに暮らしました。

奥平はゲリラのキャンプで軍事訓練を受け、1972年5月30日にイスラエルのテルアビブで「テルアビブ空港乱射事件」を他2人の日本人と起こし、26人殺害、73人重軽症という結果を招きました。

その際、奥平は警備隊に射殺されました。ということで、偽装結婚した1年後には亡くなっています。

奥平剛士の弟・純三と重信房子の関係

奥平剛士の弟の奥平純三も日本赤軍の活動家で、ダッカ日本航空ハイジャック事件で釈放要求された一人で、海外に逃げていて、今も国際手配中です。

他人になりすましてパスポートを更新するために1998年と1999年の2回、日本に帰国して重信房子と会っていたことがわかっています。

奥平純三は生きていれば現在(2022年9月)73歳になっていますが、生死は不明です。

※ダッカ日本航空ハイジャック事件についてはコチラから↓

https://hi1987.net/2022/09/19/shigenobuhusako_dakkajiken/shigenobuhusako_dakkajiken-34346

重信房子とパレスチナ人の関係は?

  • 重信房子とパレスチナ人の子供メイを出産
  • パレスチナ人との結婚履歴や記録はない
  • メイは父親との交流はなかった
  • メイは自分の父親について語っていない

重信房子は1973年3月1日にパレスチナ人との子供メイを出産しています。

このパレスチナ人は重信メイが子供時代に、父親はイスラエルとの戦いで死亡したということです。父親とメイは全く交流がなく、父親がメイの存在を認知していたかも不明です。

重信房子は娘の名前をメイと名付けましたが、これは、テルアビブ空港乱射事件が1972年の5月だったということに絡めてつけたそうです。

娘の重信メイに関してはコチラから↓

https://hi1987.net/2022/09/18/shigenobufusako_musume/shigenobufusako_musume-34265

パレスチナ人現在や経歴

パレスチナ人との結婚の記録はなく、子供の父親であるということしかわかっていません。そしてこのパレスチナ人については詳細は一切公表されていません。

そのため、このパレスチナ人が誰で、いつ亡くなったのか不明です。

娘のメイの話によると、パレスチナ解放人民戦線の指導者だったパレスチナ人が父親で、身分を保護する為に、誰だったかは発表しないそうです。

この事件で奥平剛士は亡くなっていますが、この事件が起こった頃に、重信房子は身籠ったということです。

この経緯から考えて、重信房子と奥平剛士は同士であり、結婚はレバノンに入国するための偽装結婚だったと予想できます。

そして、子供を身ごもった事から見ても、実際の婚約者はこのパレスチナ人だった可能性もあると推察されます!

関連記事

重信房子の関連記事はコチラ↓

https://hi1987.net/2022/09/20/gakureki_shigenobufusako/gakureki_shigenobufusako-34382

https://hi1987.net/2022/09/20/wakaikoro_shigenobufusako/wakaikoro_shigenobufusako-34371

https://hi1987.net/2022/09/19/shigenobuhusako_syussyo/shigenobuhusako_syussyo-34381

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次