度胸飯のサクンヂとブヌヌカ(マダガスカル料理)って何?<世界くらべてみたら>

皆さんこんにちは。

いつもお読み頂きありがとう ございます。

毎度お馴染みHIHIです。

8月16日に【世界くらべてみました】 が放送されます。

世界くらべてみましたでは 初の海外ロケとなっており、 食べたら上手い『度胸飯』 というロケを行ってきた ようです。

世界には、食べるのに勇気がいる メニューがあるが、食べてみたら 美味しかったというものがある ようです。

今回はマダガスカルにある サクンヂとブヌヌカという 2つのメニューについて しらべてみました。

マダガスカル料理:サクンヂ

サクンヂとはマダガスカルに 生息する虫の1種のようです。

サクンヂと呼ばれる虫を そのまま素揚げにして いきます!

マダガスカルではこの虫を 油で揚げて食す文化が あるようです。

見た目は、虫なので食べるのに 抵抗がありますが、味は超美味い と言われています。

マダガスカル内でも絶品料理 として人気のサクンヂはロケに いったメンバーもバクバク 食べていました!!

マダガスカル料理:ブヌヌカ

マダガスカル料理と言われる ブヌヌカはマニョック芋を使用 した料理のようです。

マニョック芋はタピオカの原料 なので、近年日本でも身近な食材 となりつつありますが、実際芋の まま食べるととても臭いようです。

生のマニョック芋には毒素がある為 マダガスカルでは泥沼に10日間 漬けて、沼の微生物で毒素を分解し 発行させるらしいです。

10日後の芋を鍋で煮詰めて食べる ようですが、とにかく臭い。

そして味は・・・・あまり美味 しくはないようですw

これがタピオカになるんだから 食材は使い方次第ですね(^^)/

まとめ

マダガスカル料理のサクンヂと ブヌヌカについてどのような 料理か確認してみた。

サクンヂはそのまま油で揚げる ようです。 見た目は虫そのものなので、 抵抗ありますが、味は美味しい ようで、スタッフも沢山 食べていました。

ブヌヌカはマニョック芋を 鍋で煮た芋ものです。 マニョック芋はタピオカの 原材料なので美味しいかと 思いきや、臭くて味は決して 美味しくはないようです!

世界には様々な食べ物があり 楽しいですね。 サクンヂは一度食べてみたい ですね!!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次