【有吉の壁】豪華客船のロケ地はシンフォニークラシカ。値段はいくら?

みなさんこんにちは。

2022年5月25日の「有吉の壁」のロケがシンフォニークラシカで行われました。そこでこの豪華客船について調べてみました。

  1. 有吉の壁の豪華客船のロケ地は?
  2. シンフォニークラシカの値段はいくら?
  3. シンフォニークラシカの口コミは?

これらを確認します。

目次

有吉の壁の豪華客船のロケ地は?

今回、有吉の壁で『豪華客船の壁を超えろ』が放送されます!

番組を確認すると画像にシンフォニー ポートオブ東京と後ろの壁に書いてあります。

また、客船シンフォニーのウェブサイトに行くと、以下のような記述がありました。

ということで、有吉の壁の今回のロケ場所は東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」であるとわかりました。

今回の撮影は佐藤栞里さんが体調不良のため、MCに有吉弘行とあいなぷぅで進めるようです。この為にあいなぷぅは瞼を二重に整形したそうです。

興味がある方はコチラから↓

https://hi1987.net/2022/05/25/ainaphu_futae/ainaphu_futae-29208

このクルージングレストランがどのくらいの値段なのかを調べてみました。

シンフォニークラシカの値段はいくら?

クルーズは大きく分けると4つのクルージングプランがあります。

  • ランチクルーズ
    11:50~14:00
  • アフタヌーンクルーズ
    15:00~15:50
  • サンセットクルーズ
    16:20~18:20
  • ディナークルーズ
    19:00~21:30

それではひとつひとつクルーズの内容を見ていきます。いずれも現在から6月30日までのプランとお値段になります。

ランチクルーズ

ランチクルーズは、3種類のコース料理から選べます。

他にも、ビア&カクテルプランや、イタリアン料理、恋人の聖地プラン、バイキング料理などあります。

また、お食事なしでただ乗船だけの場合は、3200円(子供1600円)で、ドリンクや軽食を注文できるバーラウンジで過ごせます。

アフタヌーンクルーズ

ティータイムプランがあります。3つのセットがあります。

乗船のみで、ドリンクや軽食を自分で注文できるプランは、1600円(子供800円)になります。

サンセットクルーズ

他にも、ビア&カクテルプランや、イタリアン料理、恋人の聖地プラン、バイキング料理などあります。

乗船のみは3200円(子供1600円)で、お好きなドリンクや軽食を自分で注文するバーラウンジで過ごすことになります。

ディナークルーズ

ディナークルーズでは、4種類のフランス料理コース、イタリアン料理、恋人の聖地カップルプラン、ビア&カクテルプラン、バイキング料理から選べます。

ここでは、フランス料理の中の、シンフォニーロワイヤルコースをご紹介します。

また、乗船のみでドリンクや軽食は自分で注文するバーラウンジで過ごすプランは、平日4000円(子供2000円)になります。

私は早い時間に食事をしたいので、サンセットクルーズに行ってみたいです。

価格帯

  • 平日:1600円21000円
  • 週末・祝日:2700円~21500円

価格帯はコースによってピンキリです。コーヒーセットやケーキセットなら程度なら3000円~6000円程度で楽しむ事が出来ます。

しかし、ランチやディナーになると7000円~21500円の範囲ですね。豪華客船なのでこのくらいはするのかもしれませんね。

シンフォニークラシカの口コミは?

清水港でシンフォニークラシカに乗った方がいました。イルカと会えるなんて羨ましいです。

https://twitter.com/symphony_kame/status/1483710432158224384
https://twitter.com/bilingualhide/status/894951061735198721

夜景や味に関して満足されている方のコメントもありますが、Twitterなどのコメントしてる方は少ないのが現状でした。

食べログ総合点数は3.49/5でした。

食べログは点数が厳しめですが、コスパと比較した結果がこの採点に反映されてそうですね。

他には、アフタヌーンクルーズをされた人のレビューです。

奥さんのお誕生日だと船に伝えておいたら、窓際の席を用意してくれていた、ということで、サービスが大変良さそうです。

人生に一度くらいは試してみる価値はありそうですね(^^)/

関連記事

有吉の壁のロケ地についてはコチラにまとめています↓

https://hi1987.net/2021/11/30/matome_ariyoshinokabe/matome_ariyoshinokabe-19643

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次