仰天ニュース|宗教(霊感商法)で女性が3000万円売る手口のネタバレ!

みなさんこんにちは。

2022年8月30日に【仰天ニュース】で女子高生が霊感商法で3000万円売り上げたという話題が取り上げられています。

最近、旧統一教会の問題も話題となっており、興味深いテレビのテーマだと思いますが、いったいどんなネタなのか確認していきましょう!

  • 放送内容は統一教会のネタ?
  • 【仰天ニュース】宗教(霊感商法)の女性についてネタバレ
  • 女性の実名や現在は?
  • 【仰天ニュース:日テレ】と統一教会の関係は?

今回はこれらについて確認します↑

目次

放送内容は統一教会のネタ?

放送内容は統一教会に入信した女性の話です。

テレビ表の予告では【珍味をマイクロバスで売り歩いた】と紹介されています!

これと類似する話がSNSのTwitterで紹介されています。

https://twitter.com/sakusakuchanko/status/1562079551299403776

この方は麒麟ちゃんという人で、両親が旧統一教会に入信されていた『統一教会2世』と呼ばれる方です。

本人は信仰しておらず、当時の両親とのエピソードや両親から聞いた旧統一教会の活動内容などを発信しています。

ここに記載された内容が事実であるならば、『珍味をマイクロバスで売り歩く』という内容が仰天ニュースの番組と酷似しており、統一教会の経済活動に関しても詳しく紹介されそうです。

【追記】

番組内では明確に『統一教会へ入信した女性』と公表している為、統一教会についての内容でした!

【仰天ニュース】宗教(霊感商法)の女性についてネタバレ

女性A
父、母
彼氏

ネシア(教祖)
サタン(悪魔)

今回は大学生の女性が統一教会に入信するまでの流れを紹介しています。

統一教会の入信まで

彼女は友人の紹介でとある合宿に訪れます。

この合宿は3daysと呼ばれ統一教会の信仰を3日間徹底的に叩き込まれる合宿でした。

彼女は当時恋人がいましたが、統一教会は自由恋愛は禁止されており、信仰者の話から、自由恋愛は罪深い行為という事を刷り込まれます。

自由恋愛はサタンの行為であり、大好きな彼氏が『地獄におちる』とまで言われたのでした。

たった3日間で完全に洗脳されてしまった原因は、隔絶された状況で考え方を刷り込まれると視野が狭くなり他の物事を考えられなくなるからだそうです。

また、スケジュールが厳しく、肉体的にも疲れており、そうした精神状況から救いの言葉を受ける事によって考えが染まってしまったと分析されていました。

この女性は3daysの合宿からたった3日間で統一教会の入信が決まりました!

統一教会入会後の生活

教団に入った後、ある時手相を見てもらうように進められたといいます。

そして、霊能者から、生まれた時に亡くなった双子の姉妹について指摘され、完全にその能力に心酔してしまいました!

その時、双子の妹を供養し、自分のお守りという理由で21万円の印鑑を勧められ購入したそうです。

しかし実際は、この内容は彼女が友人に話した言葉を裏から霊能者に知らされていただけで、単純に騙されていただけのようです!

統一教会に献身する

入信後、約1年で献身を勧められました。

献身とは:仕事を辞め、教団の為に経済活動をすること!

まだ、恋人と交際していましたが、『献身して彼を救いなさい』と言われ、彼女は彼の幸せを願い献身の道を選んだそうです。

自由恋愛の禁止とサタン(悪魔)によって『彼氏が不幸になる』という言葉は、まじめな彼女の間隔を麻痺させ彼氏と別れるまでに至りました!

献身する為には会社を辞める必要があり、両親には転職と嘘を付き家族を説得しました。

献身後の生活

献身後は共同生活が始まり、月数十万円の売り上げ目標という経済活動が始まります。

経済活動とは単純に資金調達の事です。

この時、『すべての万物は神の物であり、それをメシア(教祖)に返す必要がある。沢山返すほど罪は許される』と刷り込まれており、資金を懸命に進めてきたそうです!

資金調達の方法は『マイクロ隊』と呼ばれる部隊があり、マイクロバスで関東を移動しながら珍味と言われる、イカやホタテ、昆布などを売り歩いたとされている!

霊感商法へ移行

そして、彼女は霊感商法で売り上げをあげていく事になります。霊能者になり、月のノルマは3000万円と異常な額だったそうです。

手法はアンケートなどで得た相手の情報をあたかも霊能力で当てたかのように見せ、相手の心理を利用して相手に高額商品を売りつけるものでした!

そして、彼女は3000万円もの売り上げをあげてしまします。彼女はこれが人を救うと本気で思っていたそうです。

祖母の死と母の自殺

ある時、祖母が無くなり葬式のため、女性が実家に帰ってきた時、両親と話し合う約束をしたにもかかわらず、葬儀後すぐに統一教会が決めた合同結婚式へ出席する為に実家を飛び出しました。

これによって、母親はショックでストレスから自殺しました。父親は娘の所在が分からず、警察に連絡して何とか母が亡くなったという情報を彼女に伝える事が出来ました。

統一教会脱会

彼女は帰国後、葬儀に参列したが自分の中で迷いが出てきたと言います。家族を幸せになるはずだった宗教活動が全く違う結果を生んだのでした。

母親が娘の宗教によりストレスで亡くなった後、父親が連れてきた教団を脱会した元信者の話を聞ききました。

彼女は元信者の話や父親などのフォローもあり、3か月後に脱会を決意しました。

結婚と訴訟

脱退7か月後には同じ思いをした人を増やさない為に集団訴訟に踏み切ったとされており、16年もの歳月を得て、元信者達の勝訴が決まった。

また、脱会後すぐに元カレが訪ねてきてくれて再び出会う事が出来ました。六年越しに出会い、見事に寄りを戻し、半年後には結婚しました!

父親は凄く喜んだそうです。

~~統一教会に入信した彼女の本名を特定?~~

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次