【極限ミステリー】ツチノコのミイラ発見場所は兵庫のどこ?CT画像で正体判明?

みなさんこんにちは。

7月27日のワールド極限ミステリーでツチノコのミイラが紹介されます。UFOや宇宙人と同様に実在するのかいまだにはっきりしないツチノコ。

なんだかロマンがある生き物ですよね。今回はそのツチノコのミイラについて詳しく見ていきたいと思います。

  • 【極限ミステリー】謎の生物はツチノコなのか?
  • ツチノコの発見場所は?
  • 謎の生物のCT画像は?
  • ツチノコって本当にいた?

これらについてみていきたいと思います。

目次

【極限ミステリー】謎の生物はツチノコなのか?

ツチノコといえば手足がなく、太くて短い蛇のような生き物です。過去には見つけた人には賞金が2億円もかけられていたこともありました!

しかし、何度も目撃情報はありましたが、ツチノコを捕獲した人はまだいません。そんな中、ツチノコのミイラを持っていると主張する人が現れました。

ツチノコが発見された時の状況

発見者が2001年に土砂が崩れている山道を車で徐行していた時のことです。崩れた斜面から何かが顔を出しているのを発見しました。

土から引っ張り出してみると、それはまさに想像通りのツチノコの形をしていました。

一旦その生き物を持ち帰り、家で飼っていました。謎の生物は目を離した好きに脱走しようとしたり、活発に動いていたそうです。

出展:https://www.youtube.com/watch?v=HbXOFDxl5OI

なんと、窓ガラスにへばりついていたこともあったそうです。しかも窓ガラスまではジャンプしたそうです。

ジャンプできるんですね…。

どういう体の構造なんでしょうか…。

しかし、謎の生き物は数日のうちに死んでしまいました。そこで発見者はミイラ化させ、20年以上保管していたのです。

一度大学に持っていき、詳しく見てもらったこともありました。

その際、「これは明らかに本物であると同時に日本にいるどの生物にも当てはまらない。」と言われたそうです。

しかし、なぜ発見者はもっと早くにこの存在を公表しなかったのでしょうか。

きっと生きているまま公表すれば、もっといろいろな研究に役立ったのではないかと思います。しかし、発見者はメディアに出すことで茶化されるのが嫌だったそうです。

このような大発見のニュースは称賛の声もあれば、否定的な声も当然出てきます。そんなアンチの声を聞くのも、嫌だったのではないでしょうか。

ツチノコの発見場所は?

ツチノコが発見場所は兵庫県宍粟市千種町です。

この兵庫県宍粟市千種町こそ、ツチノコ捜索ブームに乗って賞金を2億円かけた町です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次