世にも奇妙な物語『何だかんだ銀座』の元ネタとネタバレ!脚本は誰?

みなさんこんにちは。

2022年6月18日に【世にも奇妙な物語】が放送されます。

番組内では『何だかんだ銀座』というストーリーが紹介されるのでそれらのネタバレや脚本家について紹介します!

  1. 何だかんだ銀座の原作は?
  2. 何だかんだ銀座のあらすじは?
  3. 主演:有田哲平のコメントは?
  4. 何だかんだ銀座の作家は村崎羯諦
  5. 何だかんだ銀座の脚本家は相馬光

今回はこれらについて確認していこうと思います。

目次

『何だかんだ銀座』の原作は?

  • 原作:あり
  • 作品名:何だかんだ銀座
  • 小学館文庫:余命3000文字

『何だかんだ銀座』は「脳内メロディー症候群」という奇病にかかったOLの話しです。今回は有田哲平が「お金持ち」のペットになるというストーリーになっています。

難しい役柄ということなので、有田哲平の演技力に期待したいと思います。それでは、どんなストーリーなのかを見ていきたいと思います。

『何だかんだ銀座』のネタバレ!

最初に今回出演したキャストを紹介します!

主なキャスト

有田哲平:日本の大金持ち
岩田琉聖:羽鳥祐介
東根作寿英:羽鳥昭夫
紺野まひる:羽鳥美津子

今回の物語では有田哲平がニホンオオカネモチという希少なお金持ちの生き物として登場します。

以下のストーリーは改編される前のストーリーです。

改編は番組放送後に訂正させていただきます。

ニホンオオカネモチを捕まえに行く

有田哲平演じるニホンオオカネモチは、銀座に生息する生き物です。

ニホンオオカネモチは「銀座で買った食物」しか食べて生きていけません。なので生育にお金がかかります。

この生き物をペットにできるということは、その家もある程度のお金持ちでなければなりません。まず、羽鳥祐介は、父親の羽鳥昭夫と一緒に夜、銀座の公園に罠をしかけに行きます。

ニホンオオカネモチを捕まえて、ペットにするつもりなのです。彼らは銀座で購入した蜂蜜を木にきれいに塗り、翌日同じ場所へ戻りました。

すると多くのニホンオオカネモチが沢山罠にかかっていました。裕介は一人のニホンオオカネモチを捕まえることにします。

そのニホンオオカネモチは、アルマーニを着て、左手にはカルティエの腕時計をしていました。それを虫網で捕まえます。他のニホンオオカネモチはみんな逃げていってしまいました。

それでも一人は捕まえることができました。(これが有吉哲平)

家で大切に世話をする

ニホンオオカネモチには一部屋、彼の部屋として与えて、一日3食銀座で購入したものを与えます。

祐介は学校に行く日は朝晩、行かない日は3食とも担当して用意しました。そしてそれをニホンオオカネモチの部屋まで運んであげていました。

祐介はニホンオオカネモチと週末に近くの公園に行って一緒に遊びます。次第にニホンオオカネモチが祐介に慣れてきて、お手をするようになりました。

祐介はニホンオオカネモチに自分の名前を呼ばせようとしますが、まだ呼びません。

ニホンオオカネモチに自分の名前「ゆうすけ」を呼ばせるようになるには、もう少し親密にならないとダメだということがニホンオオカネモチの飼い方に出ていたので、頑張ろうと祐介は思うのでした。

会社に連れて行く

祐介のペットのニホンオオカネモチはベンチャー企業の社長だったので、時々その会社に連れて行ってやらないといけないのです。

会社に連れて行くとニホンオオカネモチは喜びます。

祐介がペットのニホンオオカネモチを連れて毎日散歩に出かけると、近所の憧れの女子高生もメスのニホンオオカネモチを連れて散歩していました。

ニホンオオカネモチとの別れ

ところがある日、祐介は父親の昭夫と母親の美津子から呼ばれ、昭夫の会社の業績が悪くなっていて、いろいろな経費などを抑える必要が出てきたことを告げられます。

そして、ニホンオオカネモチを飼育するにあたって重要な「銀座で買った食事」が経済的に無理になることを言われてしまい、祐介はできるだけ抵抗します。

しかし無理なものは無理で昭夫が「ニホンオオカネモチは野生に返そう」ということになり、銀座三越の前まで連れて行ってそこで解放しました。

祐介はなかなか別れられずに泣けてきます。しかし昭夫に車に押し込まれて去るしかありませんでした。

車が走り出すとニホンオオカネモチが一緒に帆走してきて、大きな声で「ゆうすけ!」と呼んできました。

しかし見えなくなって行ってしまい、それでお別れになりました。

再会

祐介は希望の会社に内定をもらいます。採用担当者は普通は電話で採用を通知するのだが、理事長が祐介に会いたがっているので会社まで来てもらった、と話します。

理事長は数十年いくつもの会社を成功させてきた人なので、勉強になるだろうし心配するな、と言われますが、祐介は身構えます。

呼ばれて部屋に入って緊張していると、理事長が声をかけてきました。

「そんなに緊張しなくていいよ、ゆうすけ」

驚いて顔を上げると、そこにはニホンオオカネモチがいました。

主演:有田哲平のコメント

とにかく、ただのお金持ち役ではないです! 本当に何かをモチーフにしてとか、何かを頼りにして役作りができない役なので、とにかく探り探り監督と話し合いながら、何とも言い様のない役を演じさせて頂きました。

引用:https://natalie.mu/

有田哲平さんは、さらに、監督にもスタッフにもマネージャーにも「これすごく難しい役ですよ」と言われたそうです。

有田さんの演技に注目したいですね!

過去作品について

世にも奇妙な物語は半年に1度放送されます。過去どんな作品があったのか見たい方には『FOD』がオススメです。

過去作品が一気に見れるので、『世にも奇妙な物語』の過去作品を楽しんでみては如何でしょうか?

『何だかんだ銀座』の作家は村崎羯諦

名前:村崎羯諦 (むらさき ぎゃてい)
年齢:28歳
生年月日:1994年生まれ 月日は非公開
出身地:熊本県
所属:不明

作家の村崎羯諦さんは、小説投稿サイト「小説家になろう」に短編小説を中心に投稿していました。2020年にその作品たちを改編し、再編集して小学館から「余命3000文字」でデビューしました。

「何だかんだ銀座」はこの本に含まれている短編小説です。現在「余命3000文字」は小学館文庫で第5位の人気本になっています。

他にもこの短編集の中の作品が大評判を呼んでいるそうです。私も読んでみたくなりました。

あるサラリーマンの方が電車でこの本を読んでいた時、隣に座った中学生から「この本すごく面白いですよね」と声をかけられたそうです。

読者も幅広いようで、今後が非常に期待できる作家さんです。

何だかんだ銀座の脚本家は相馬光

名前:相馬光
年齢:34歳
生年月日:1988年生まれ
出身地:熊本県
所属:株式会社アンドリーム

相馬光さんは、2021年にも世にも奇妙な物語で「成る」の脚本を担当されています。他にも、「RE:名も無き世界のエンドロール」「新米姉妹のふたりごはん」などを書かれています。

また、2017年 第29回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作も受賞されています。

脚本制作に協力することもあるようで、「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」や「ストロベリーナイト・サーガ」などにも参加されているようです。

世にも奇妙な物語2022夏作品

2022年夏に放送された世にも奇妙な物語の他3作品を紹介します。

『電話をしてるふり』

https://hi1987.net/2022/06/17/denwawoshiterufuri_yonimokimyounamonogatari/denwawoshiterufuri_yonimokimyounamonogatari-29843

『メロディーに乗せて』

https://hi1987.net/2022/06/17/melodyninosete_yonimokimyounamonogatari/melodyninosete_yonimokimyounamonogatari-29841

『オトドケモノ』

https://hi1987.net/2022/06/17/otodokemono_yonimokimyounamonogatari/otodokemono_yonimokimyounamonogatari-29905

関連記事

【世にも奇妙な物語】の過去の内容はコチラから確認↓

https://hi1987.net/2022/06/18/matome_yonimokimyounamonogatari/matome_yonimokimyounamonogatari-29973

 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次